剣道の試合で勝つには

MENU

剣道の試合で勝つには

これは剣道に限った事ではありませんが、試合の強さと技術の高さは必ずしも一致する訳ではありません。
いくら技術が高くでもその技術をどう使うか?
ここに試合の勝つためのエッセンスが詰まっています。

 

試合に強い剣士は、技術の高さもさる事ながら、その技術の使い方が非常に上手です。
それは相手の隙を突くと言っても良いでしょう。

 

例えば、いくら面を打つスピードが速くても、相手が「いつ、面を打ってくるか」がわかっていれば、相手はそれに対してしっかりと対処してしまいます。
場合によっては、その瞬間に小手や胴を打たれてしまうかもしれません。

 

ところが、相手がちょっと気を抜いた瞬間に打てばどうでしょう?
また、思いもよらない瞬間に打てばどうでしょう?

 

この場合は面のスピードがそれほど速くなくても決まる可能性が出てきます。
強くなるには相手の隙を感じる、または相手の虚を突く事が必要になるのです。

 

これが技術の使い方と言うわけです。
いくら技術を磨いても、この感性を磨かなければ、その技術は宝の持ち腐れになってしまいます。

 

剣道の試合で勝つには技術の鍛錬だけにとどまらず、相手の隙を感じる事が大切です。