剣道 竹刀 選び方

MENU

剣道 竹刀 選び方

ここでは剣道の竹刀の選び方について紹介したいと思います。
竹刀選びは長さと重さが最も重要なポイントですが、それ以外にも竹の種類の違いもあります。
また、竹刀の形状の違いによっても特徴があります。

竹刀の長さ、重さ

竹刀の長さは小学生のうちは特に決め事はありません。
その為に、一般的には地面から、自分の脇、または肩の高さ程度の竹刀を選びます。
ところが、中学生を超えると年齢によって、長さ、重さに規定があります。
中学生男子:長さ114p、重さ440g以上(37さぶなな)
中学生女子:長さ114p、重さ400g以上(37さぶなな)

 

高校生男子:長さ117p、重さ480g以上(38さぶはち)
高校生女子:長さ117p、重さ420g以上(38さぶはち)
大学生、一般男子:120p、重さ510g以上(39さぶく)
大学生、一般女子:120p、重さ440g以上(39さぶく)

竹の種類
桂竹
市販の竹刀のほとんどがこの桂竹です。

繊維が細く、硬く長持ちするのが特徴です。
ただ、自然の水分や脂分が抜けやすく、ささくれやすい欠点があります。

真竹

比重が重く、弾性があるのが特徴。
伸びのある面打ちや鋭い返しを感じる事ができます。
ただ、桂竹に比べると柔らかく傷みやすいのが欠点

青竹

煮沸して乾燥するのではなく、日陰で長時間かけて乾燥させているのが特徴。
別名「石膏竹」と呼ばれ、しっかりとした竹刀です

真竹青竹

真竹を日陰で長時間かけて乾燥させた竹刀。
真竹の特徴である強い弾性に加え、よりしっかりとした竹刀になるのが特徴

燻竹

竹を燻して色をつけた竹刀。
色や香りが付くのも特徴ですが、竹が丈夫になるのが1番の魅力です。

形状の違い

標準的な形でバランスの良い竹刀。
子供からベテラン、練習用から試合用まで幅広く使われます。

上製

形状は並と同じですが、状態の良い竹を選び作られているのが特徴。
小さい子供から一般まで、また、練習用から試合用まで幅広く使われます。

小判型

竹刀の柄の部分が楕円形になっている為に小判型と呼ばれます。
握りの部分が木刀に似ているために主に型やすぶりに多く使われます。

胴張

並に比べ、手元が太く、重心が手元に来ます。
その為に、竹刀が軽く感じられ、中高生、一般に関わらず、試合用として多く使われます。

実践型

胴張と同様、手元が太く、重心が手元にあります。
その為に、剣先が軽く感じられます。
ただ、胴張よりも剣先が細いのでより実戦向きです。
中高生、一般に好まれ、特に試合用として人気の形状です。

古刀型

竹刀の膨らみが狭く、直刀に近い形をしています。
別名「関東型」とも呼ばれ、高段者が好む形状です。