素振りのやり方

MENU

素振りのやり方

剣道では素振りは基礎的な動きを身につける為には特に重要な練習です。
もちろん、素振りでは相手に対する対応力をつける事はできません。
その為に、素振りをするだけで試合に強くなれるわけではありません。
ですが、基本的な動きのレベルを高める事は実戦での動きのレベルを高める事と直結します。
また、試合で強い剣士は間違いなく素振りのレベルも非常に高いのは間違いがありません。
自分のレベルを上げる為に日々、正しい素振りを練習しましょう。
また、正しい素振りを身につけるには、良い指導者に教わるのが最短の近道です。

正面素振り

竹刀を振り上げると同時に右足を踏み込み、竹刀を振り下ろす時に左足をひきつけます。
続いて、竹刀を振り上げる時に左足を下げ、竹刀を振り下ろす時に右足を下げます。
前後に移動しながら、素振りをするもっとも基本的な素振りです。
足を動かすタイミングと腕の振りが連動してスムーズに動けるようになるのがポイントです。

左右素振り

足の動き、竹刀の動きは基本的に正面素振りと同じですが、竹刀を振り下ろす時に斜めに振り下ろしていきます。
相手の面を真上から打つのではなく、斜め45度から切り下すイメージです。
これを左右交互に振り下ろしていきます。
ポイントは左右の手の返し方です。
この動きが胴を打つ時や左右面の動きになります。

上下素振り

上下素振りは基本的に正面素振りと同じですが、竹刀を振り下ろす時に相手の面の高さで止めず、地面まで切り下すイメージで振り下ろします。

飛び素振り

竹刀と振り下ろす時に足を踏み込み前にでます。
そして竹刀を振り上げた時に後ろに踏み込みます。
この練習の目的は足のひきつけです。
この時、かかとで「ドン」という音がしないよにする事がポイントです。