香田 郡秀

MENU

香田郡秀

香田郡秀氏は現在、筑波大学大学院人間総合科学研究科教授、そして、筑波大学剣道部部長をされています。
小学校3年生から剣道を始め、インターハイで個人優勝、世界剣道選手権大会個人優勝、全日本剣道選手権大会3位、全国教職員剣道大会個人優勝などの輝かしい戦歴をお持ちです。

 

香田先生の今の研究テーマが「剣道の競技力向上と効果的な指導法について」
競技力の向上と同時に、指導方法についても研究されているんですね。
その研究結果は書籍として出版もされています。

 

その中でも最新のDVDがこちらです。

 

⇒ 剣道上達革命

 

この剣道上達革命では。
『タイミング』
『間合い』
『スピード』
『剣先の動き』
の4つのポイントに焦点が当てられています。

 

一般的にはこれらのポイントは才能やセンスと思われがちです。
ところが、香田先生は「才能やセンスは関係がない」「正しい練習をする事で誰もがレベルアップし、身に付ける事ができる」とおっしゃいます。
これまでの先生の研究結果がそれを可能にするのでしょう。

 

最近、伸び悩みを感じている方は一度チェックしてみてはいかがでしょう。