剣道の小手の打ち方

MENU

剣道の小手の打ち方

 

剣道の技の中でも比較的1本が決まりやすいのが「小手」です。
また相手の身長差などの影響も関係しにくく、自分よりも長身の相手にも対してもとても効果的な技です。
鋭い小手を身に付ける事ができると大きな武器になりますよ。

 

さて、それでは小手の打ち方についてですが、最も重要なのは間合いです。
中段の構えで構え、一歩足を踏み込めば、小手が打てる間合いまで中に入ります。
この時注意する事は、面と小手では間合いが違う事です。
面を打つ為にはかなり間合いを詰める必要がありますが、小手の場合は面よりも近い位置にある為に、面よりも遠い間合いから踏み込んで打つ必要があります。

 

その為に、左足を蹴り、右足をしっかりと踏み込みます。
それと同時に竹刀を相手の右小手めがけて振り下ろします。
竹刀を大きく振り回す必要はありません。

 

小さく振り上げ、直線的に相手の小手をめがけます。
手首を柔らかく使い、当たる瞬間にスナップを効かせるようにします。
力が入り、手首の動きが硬くなると素早く動く事ができないので、できるだけリラックスして動くようにします。

 

小手は間合いが上手く取れれば自分から素早く仕掛ける事ができる技ですが、逆にリスクもあります。
間合いが悪い状態から仕掛けるとかわされて、相手の反撃を喰らう可能性もあるので注意が必要です。

 

相手にかわされない間合いでありながら、相手よりも先に仕掛ける事ができる間合い、これが小手で最も重要な事でしょう。
後はリラックスして素早く動く、この2点を重点的に練習してみてください。