剣道の足さばき

MENU

剣道の足さばき

剣道が強くなるには足さばきが非常に重要です。
剣道では相手との間合いが勝負を決します。
強い剣士ほど相手との間合いを上手くコントロールしますが、その間合いは足さばきによって生まれるからです。

 

足さばきの優れている剣士は素早く自分の間合いに入りこみ、攻撃を仕掛けます。
また、逆に間合いが悪い時には素早い足さばきで仕切りなおし、自分の間合いに持ち込むのです。
いずれにしても、剣道では足さばきは非常に重要な物です。

 

では、どうすれば、強くなる足さばきを身に付ける事ができるのでしょう?
まずは足さばきの種類とポイントについて紹介したいと思います。

送り足

剣道の足さばきの基本は送り足です。
送り足とは移動する方向に近い足から動き始め、次に反対の足を素早く引き付ける足の使い方です。
送り足のポイントはいつでも相手に対応できるよう、常に同じ状態に保つことです。
足が開いた状態では、相手に対応する事ができません。
その為に、反対の足を素早く引き付ける事がとても重要です。

継ぎ足

継ぎ足は主に間合いが遠い状態から攻撃を仕掛ける時に使う足さばきです。
右足を大きく踏み込む為に、左足を右足に少し引き寄せます。
こうすることで、右足が普段より遠く踏み出す事ができます。
ポイントは左足の引きつけをできるだけ、相手に気づかれないようにすることです。
左足の引きつけがバレてしまっては、こちらの攻撃が相手に感づかれてしまいます。

歩み足

歩み足は一般的に歩くのと同じ足さばきです。
剣道ではあまり使いませんが、間合いが大きく離れた時に使う事があります。

開き足

主に相手の攻撃をかわす時に使う足さばきです。
相手を中心に回るように動きます。
こうすることで相手の攻撃をかわすと同時に相手の横に入り込む事ができます。
ポイントは体勢を崩さずに移動する事です。
いつでも攻撃できる体勢で移動することで、相手の攻撃をかわすだけではなく、攻撃的な移動が可能になります。

 

以上が剣道の代表的な足さばきです。
足さばきは相手に気づかれない事がとても大切です。
そのためには無意識のうちに身体が自然に反応するまで繰り返し練習することが必要です。
足さばきを磨く事は剣道が強くなる為には必須です。

 

【参考】 教士八段の香田先生が教える剣道が強くなるための足さばきとは?