子供の剣道が強くなる方法

MENU

子供の剣道が強くなる方法

剣道は子供の習い事としてとても人気の高い習い事です。
「礼儀作法を身に付ける事ができる」
「自立心を身に付ける事ができる」
「精神力、集中力を身に付ける事ができる」
などがその大きな理由です。

 

確かに、剣道には歴史があり、自分自身を鍛錬する武道ですし、他人に頼る事ができません。
また、「礼に始まり礼に終わる」教えがありますから、上記のような力を身に付ける事ができます。

 

ですが、せっかく練習をするからには礼儀作法や精神力だけではなく、「強くなりたい」と誰もが願うことでしょう。
また、本人だけではなく、親御さんも「強くなって欲しい」と願っている事と思います。

 

では、どうすれば、子供の剣道が強くなれるのでしょう。
これは剣道に限った事ではありませんが、「強くなる事ができるか?」それとも「強くなれないか?」は才能や素質ではありません。
もちろん、超一流になるには少しの才能は必要かもしれません。

 

ですが、一般的に強くなるには才能や素質などは関係がないのです。
また、練習の量でもありません。

 

もちろん、練習しなくて強くなる事はありません。
ですが、ただ、一生懸命練習したからと言って強くなれるわけでもないのです。

 

では、一体何が違うのか?
答えは実は簡単です。

 

「強くなる為に本当に必要な情報を知っているか?」
これが一番大切です。

 

巷で氾濫している常識的な情報は「強くなる為に必要な情報」ではないんですね。
ただ、常識的な情報であるだけ。

 

この情報を元に一生懸命練習しても強くなる事はとても難しいです。
常識的な情報で練習しても、結果は常識的な選手にしかなれないのは自然な事です。

 

冷静に考えれば当たり前の事です。
その他大勢と同じ情報を元に練習するわけですから、その他大勢と同じなわけです。

 

では、どうすれば良いのか?
本当に強くなっているひと握りの人が知っている「本当に上達する為に必要な情報を手に入れる」事です。
この情報を元に練習すれば練習の質が急激にあがります。
それが他の選手との差を作る唯一の方法です。

 

強くなっている選手は才能があるから強くなっているのではありません。
強くなる為に必要な事を知ったから、強くなる事が出来たのです。

 

お子さんを強くしたいのあれば、まずは親御さんがこの事を理解する必要があります。
これは剣道に限らず、どんな武道、スポーツでも全く同じ事が言える本質なのです。